THE ROZWELLS(ザ・ロズウェルズ)

I HAVE ROCK'N'ROLL!! ~アイ ヘイト ロックンロール〜

DUMBCD-023 / CD / 2,000yen(tax out)

1.スラップスティック
2.郵便局強盗、シド、ナンシー
3.不良でかまわない
4.友達にならない
5.スカフロウ
6.ジェネレーション
7.ノーウェアボーイ ノーウェアガール
8.鳥打帽
9.ロックンロール難民
10.アイ ヘイト ロックンロール

Ba/Vo KAK
G/Vo DAI
G/Vo MATSUDA
Drs SATO

地元宇部のパンクシーンを牽引する最重要バンド。
リーダーでもありBa/Voを務めるカクヨウジは、90年代からラスティックパンクバンド"青春不良楽団"で活動し、以前DUMB RECORDSで再発したBANANA ERECTORSと共に宇部シーンを開拓、現在も守り続けている。
その後、90年代にしのぎを削ったバンドが次々と消滅していく中、ROZWELLSを結成、数々の名バンドを宇部に招聘し、全ツアーバンドに愛されるローカルシーンの構築に成功している。
数タイトルのデモ音源の自主リリースを経て、2013年初のフルアルバムを自身のレーベル"ONEPINT RECORDS"からリリース!!
彼らの持ち味である日本語歌詞に親しみやすいメロディ、青春不良ピュアパンクロックが満載の名作である。
今回の新作"I HATE ROCK'N'ROLL"は前作から約3年振りのフルアルバム!!
しかも今作は満を持してDUMB RECORSからのリリース!!
前作同様、最高のパンクロックが満載!!
どこを切っても最高のパンクロックで、全曲シングルカットしたい程の出来栄え。近年のライブでもお馴染の曲ばかりで、熱心なファンならずとも一気に聴ける名作と言い切れます。
また今作のリリースに伴い、多くのアーチストの方々にコメントを頂いており、そのメンツを見ただけで彼らがどれだけ愛されているパンクバンドかお分かり頂けると思います。

For fans.THE BLUE HEARTS,THE KNOCKERS,HAVENOT'S,SYAS,THE クルマ,SO-CHO PISTONS

Category: artist

Live Schedule
2017年
1月14日(sat)@福岡博多graf
w/JUNIOR
2月12日(sun)@広島Border
w/The Prisoner,Dr.Breaker,Never Again,So-cho Pistons
3月18日(fri)@小倉tba
w/The Let's Go's,
3月19日(sat)@宇部tba
w/The Let's Go's,The Bored,The Rodeos,So-Cho Pistons
3月20日(sun)@広島4.14
w/The Let's Go's,The Bored,The Rodeos,So-Cho Pistons
4月8日(sat)@東京Basement Bar
w/The Let's Go's,The Knockers,The Havenot's,So-Cho Pistons

DJ ISHIKAWA (DISK UNION/a.k.a.TIGER HOLE)

「ホントにパンクロックが好きなんだなあ、って思う。綺麗言は要らないけど、適度な寝言は必要なんだね。初期衝動をくすぐりまくる傑作!」

三浦雅也 夜のストレンジャーズ

ロズウェルズ新作に寄せて
生きてくってしんどいことばかりだし、世界は広すぎて悲しいことばかりだ。どんなに自分が相手を好きでも嫌われることもある。
大人になればそんなことから解放されると思ってたらそんなことは無くて毎日つまずいてはどうにか生き延びている。
きっと死ぬまで心はティーネイジャーなんだな。
ロズウェルズはそれでもいいんだよ、俺もそうだよって優しいパンクロックを歌ってくれるんだ。

THE LET'S GO's 山田モエコフ

視線をそらしたまま、何も言わずに手を握ってくれるようなロズウェルズのパンクロックが、私は心から愛おしいです。私だけのものにしたいのに!もう!!

THE LET'S GO's ミィ

ROZWELLSのNEWアルバム、タイトルは『I HATE ROCK'N ROLL !!』。笑ってしまった。奴ら、曲名にもなってるそれをアルバムタイトルにしたんだ!しかもDUMB RECORDSからのリリース。最高すぎて吹き出した。
スピーカーから飛び出すささくれ立った音、泣きたいのか吐き出したいのかよくわからないカックンのうた!
4曲目の『友達にならない』で胸が熱くなると、布団の中で涙を押し殺すカクヨウジの姿が一瞬浮かんだ。リアルで痛くて温かい感触。生きてるってこんな感じだ。
ライブで聴きなれたキラーチューンが惜しみなく詰め込まれっ放し。
強くなくても、カッコつける。ひねくれて、拗ねて、泣いて、やっぱ中指突き立てる。ROZWELLSの『I HATE ROCK'N ROLL !!』ファン待望の一枚!これを聴かずに今のROZWELLSを知ったかぶりすんなよ!

THE LET'S GO's COCO

人見知り、恥ずかしがりや、泣き虫、失踪癖etcという、イビツで一癖or二癖もある系のおじさんばかり集まってしまったバンド(あ、ダーマツ、なんかすいません)が、作って、演ってるパンクロック。
が、ほんとにほんっとーに、わたしをたまらない気持ちにさせるのです。何度ライブ見て泣いたか。パンクロックってこれのことだよね?バンドってこーゆーことだよね?
カクヨウジがどれだけTHE LET'S GO'sに『俺を置いてけぼりにするなよ』と言ったとしてもわたしはROZWELLSを見るたび、そしてこの"I HATE ROCK'N'ROLL"を聴いたときもやっぱり思った。思った、というか突きつけられた。やっぱROZWELLSにゃかなわないよ。

TONG(チェリータイムス)

お母さんにもお父さんにも弟にも見つかったら気まずい。それに、昨日のテレビの話や、流行りの洋服の話しかしない友達にも教えたくない。これは私のためのモノだ。

BOYSORDER チヒロイサドラ

大好きなレコードを聴き過ぎて、心臓にはレコードの針が突き刺さったまま取れないが、きっとこのアルバムを聴くと、ROZWELLSの針がアナタの心臓に突き刺さる事間違いナシ!
明日への不安が吹き飛び、胸がキュンとするロックンロール炸裂!!
めちゃギュッと抱きしめたくなるこの感覚。。でもカクヨウジを抱きしめない!同い年で同じボーカルベースだから。
一緒に前へ進んで行くのだ☆

THE MIDNIGHT TV PROGRAMS 西宮達也

「パンクロックってこんなにも優しいモノなんだ」って僕たちはROZWELLSに出逢うことができて身をもって知ることができました。これからも僕たちの胸を熱く、そしてちょっぴりおセンチな気分にさせるのも絶対ROZWELLS。僕達はこれからもROZWELLS一筋。

イラストレーター kozi69

何もない僕らの町に彼らが創ったパンクロックシーン。
ロズウェルズがいなかったら、とっくに絶望していたでしょう。

油断してると涙がこぼれそう。ライブを最前列で観ているような…。そんな音源だと思います。
感謝。

RANGSTEEN KOJI

カッコイイ人が好き
オモシロイ人が好き
好きになっちゃう人は
いつも何処か
「切なさ」があるんだ
泣けてくるよ

レコード聴くのが好き
映画を観るのが好き
好きになっちゃうモノは
「作られた」じゃなく
「作ったぜ」があるんだ
嬉しくなるよ

カクヨウジが好き
ロズウェルズが好き
だって
泣けてくる
だって
嬉しくなる
「好きにならずにいられない」があるんだ
愛しくなるよ
ありがとう

The Volume Out! Taka-Rock

日常にくたびれてボロボロになって帰って来たって、酒に飲まれてヘロヘロで帰って来たってこいつがあれば大丈夫。俺たちいつまでたっても青春小僧で不良少年なんだから。ロッキン!

THE BORED nobuyuki tanaka

ROZWELLSニューアルバムリリースおめでとうございます!!
ROZWELLSとの出会いは去年の5月 。
3日間いっしょに小倉、山口、広島とツアーしてその時が初見だったんだけど 一発でファンになりました。ツアー最終日の広島でCDとTシャツをゲットし宮崎迄の帰り道 車内で何回も繰り返し聴きました。
そう何回でも繰り返し聴いてしまうバンドなんです。 そのROZWELLSがニューアルバム I HATE ROCK'N'ROLLを 出すと言う事で一足先に聴かせて貰いました。 前作と同様 不器用でやるせない ロック全開で キラーチューン満載、捨て曲無しの繰り返し聴けるアルバムです!! 全ロックファン必聴 とまで言いませんが 是非聴いて欲しい。
クセがある方がかっこいいですよ!!

The KNOCKERS / 橋場 熱

こんなに切実で美しい戯言、他に聞いたことがない。こんなに真っ直ぐでパンクな寝言、他に聞いたことがない。報われないクズどものギラギラしたパンクロック!報われないから終わらない!山口の泣き虫不良遺産カクヨウジが今夜も泣き吠える!

早朝ピストンズ by 圭一

歌も曲も存在感も、すべてが最高!
そんなバンドなんですロズウェルズは!
これからも最高のセンチメンタルパンクを聞かせてくれよ!

早朝ピストンズ by爆暴

角ちゃん!新譜聴かせてもらったよ!最高です!!!

知り合ってから、数年経つけど、相変わらず最高のロックンロール!
初めて交わした言葉は覚えて無いけど、酒飲みながら語ったお互いの想いは忘れない!これからも!
ロズウエルズありがとう!
ぶっ倒れるまで、叫ぼうぜ!お互い!

MATT AOKI/THE HAVENOT'S

『パンク40周年』なんてキーワード、巷でチラホラ聞こえても、ROZWELLSのアルバムが今年発売される事が俺には衝撃なんだ。40年なんて歴史の重さより、このアルバム一枚の軽さが2017年に重要としか思えない。素晴らし過ぎる。

踊ろうマチルダ

何なんすかねこの人達一体。歳取っていってるのにちっとも角が取れない。そんな歌。その姿。自分もそうあれたらっていつも憧れてますよ。

BOYSORDER キャプテンLFO

ロズウェルズは美しい
ロズウェルズは傷だらけだけど
その傷一つ一つが輝いてる
だからロズウェルズは美しい