SET YOU FREE 20th Anniversary !!

TEENAGE BOTTLEROCKET JAPAN TOUR2017 with SO-CHO PISTONS THE KNOCKERS

TM PAINT(Poster Design)
http://tm-paint.com/

5月13日(土)東京@六本木VARIT
OPEN 18:00 / START18:30 前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000
TEENAGE BOTTLEROCKET(from USA)
SO-CHO PISTONS
THE KNOCKERS
O.A. The Nerdy Jugheads
DJ:TONG(チェリータイムス)
※チケットはイープラスにて発売中


5月14日(日)四日市@VORTEX
OPEN 18:30 / START19:00 前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000
TEENAGE BOTTLEROCKET(from USA)
SO-CHO PISTONS
THE KNOCKERS
ORANGE KLUB
DJ SUZUKI
※チケット予約は各バンドかVORTEXまで
5月15日(月)名古屋@RED DRAGON
OPEN 19:00 / START19:30 前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000
TEENAGE BOTTLEROCKET(from USA)
SO-CHO PISTONS
THE KNOCKERS
GASOLINE
KILLERPASS
DJ.チャーマー
5月16日(火)出雲@APOLLO
OPEN 18:30 / START19:00 前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500
TEENAGE BOTTLEROCKET(from USA)
SO-CHO PISTONS
THE KNOCKERS
DR.BREAKER
DJ.POKKY
※チケット予約はAPOLLOかバンドまで
5月17日(水)福山@MUSIC FACTORY
OPEN 18:30 / START19:00 前売 ¥2,800 / 当日 ¥3,300
TEENAGE BOTTLEROCKET(from USA)
SO-CHO PISTONS
THE KNOCKERS
QUICKDEAD
BACKWARD REGION
FOREVER STAY YOUTH
DJ Nishio(POPLIFE)
5月18日(木)広島@4.14
~Feedback My Son is Final...~

OPEN 18:30 / START19:00 前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000
TEENAGE BOTTLEROCKET(from USA)
SO-CHO PISTONS
THE KNOCKERS
NEVER AGAIN
FEEDBACK MY SON
SUPER OVERHEAD
DJ Yanshinista!/ASAO/GODBIRD(Stereo Records)
※Ticket:DUMB RECORDS,DISK SHOP MISERY,LIVE SPACE4.14、チケットぴあ(Pコード=328-704)、e+
5月19日(金)大阪@FANDANGO
OPEN 18:00 / START18:30 前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000
TEENAGE BOTTLEROCKET(from USA)
SO-CHO PISTONS
THE KNOCKERS
THE WIMPY'S
※チケットはローソン(L-CODE : 55265)、e+、FANDANGOにて発売中!
~TOUR FINAL SPECIAL 2DAYS!!~
5月20日(土)東京@高円寺HIGH
OPEN 17:00 / START17:30 前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000
TEENAGE BOTTLEROCKET(from USA)
SO-CHO PISTONS
THE KNOCKERS
SUSPENDED GIRLS
THE LET'S GOS
GIRLFRIEND
※チケットはe+にて発売中!
5月21日(日)東京@町田NUTTY'S
OPEN 14:30 / START15:00 前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000
TEENAGE BOTTLEROCKET(from USA)
SO-CHO PISTONS
THE KNOCKERS
DiSGUSTEENS
THE HEADBANGERS
FOUR TOMORROW
※チケットはe+にて発売中!

Category: event
TEENAGE BOTTLEROCKET JAPAN TOUR LIMITED 3WAY SPLIT!!!
notifications新情報

TEENAGE BOTTLEROCKET JAPAN TOUR LIMITED 3WAY SPLIT!!!

DUMBCD-025 / 1,000yen(in tax) ステッカー付き
会場限定リリース決定!!限定300枚プレス!!

ツアー会場のみでのリリースが決定した貴重アイテム!!

TEENAGE BOTTLEROCKET
1,SKATE OR DIE(They Came From The Shadows)
2,MAVERICK(Freak Out!)

THE KNOCKERS
3,MINOR SEVENTH
4,Everyday(New Recordings!)

SO-CHO PISTONS
4,ONE WAY
5,LET'S GO!
A TRIBUTE TO TEENAGE BOTTLEROCKET

A TRIBUTE TO TEENAGE BOTTLEROCKET in JAPAN !!

DUMBCD-024 / 1,500yen (out tax)
2017年5月リリース決定!!!
先行で来日ツアーの各会場にて先行販売決定!!
ティーンエイジボトルロケット来日記念トリビュートアルバム!!!
日本全国からメロディック~ポップパンク~パンクバンド総勢20バンドが集結した日本のバンドによる初のトリビュートアルバム!!
本作は来日を記念し日本のTBRフリーク待望のリリースであり、全パンクスに贈る傑作トリビュートアルバム!!
A TRIBUTE TO TEENAGE BOTTLEROCKET@JAPAN!!
1, SO-CHO PISTONS/BOTTLEROCKET
2, THE WIMPY'S/RADIO
3, GIRLFRIEND/SO COOL
4, SUPER OVERHEAD/I FOUND THE ONE
5, BACKWARD REGION/SKATE OR DIE
6, DeadEx/NOT OK
7, NEVER AGAIN/DEAD SATURDAY
8, QUICKDEAD / THEY CALL ME STEVE
9, SUNNY BRANCH/IN THE BASEMENT
10, SUSPENDED GIRLS / BEEN TOO LONG
11, TOY-POOH-DOLLS/PUNK HOUSE HORROR
12, THE NO! / NEVER GONNA TELL YOU
13, YELLOW GANG/BE STAG
14, THE HUM HUMS/ANNA'S SONG
15, aaps/DON'T WANT TO GO
16, WOODCOCKS / PACEMAKER
17, GENDER STUDIES/MARVERIK
18, A PAGE OF PUNK / SO FAR AWAY
19, BAVO PISTON/BIGGER THAN KISS
20, THE NERDY JUGHEAD /GO AWAY

TEENAGE BOTTLEROCKET

2001年、EMOメロディックパンクバンド、"HOMELESS WONDER"で活動していたRay(Gt/Vo)とBrandon(Dr)のCarisle兄弟を中心に、USのワイオミングにて結成、当初は3ピースで活動し、2003年にファースト・アルバム『Another Way』(日本未発売)をリリース。
その後、現在もPOP PUNKファンから絶大なる人気を誇り、あのFAT MIKEも大ファンというTHE LILLINGTONSのKody(Gt/Vo)が正式に加入し4ピースとなる。2005年には当時Fat Wreck Chordsで働いていたTobyのレーベル、Red Scare Recordsと契約し傑作セカンド・アルバム『Total』(日本未発売)をリリース。
その後、大学の同級生であったMiguel(Ba)が加わり、現在のラインナップとなる。
2007年12月にはファンの間でも、名作と名高いサード・アルバム『Warning Device』を発表。
結成当初からツイン・ヴォーカルの掛け合いとシンプルながらも痛快にスリー・コードで突っ走るラモーン・パンクが話題だったが、Kody加入後は、極上のメロディーを完璧に融合させる事に成功。
現在のTEENAGE BOTTLEROCKETサウンドが確立した。
彼らのプレイスタイルは、腰を低く落とし開脚し、問答無用の高速エイトビートにオールダウンピッキングというバリバリのRAMONESスタイル!! 他のFAT系のメロディックパンクバンドに無いスタイルで、後世のバンドへの影響も絶大である。
これらの作品によってTEENAGE BOTTLEROCKETの名は全米のみならず世界中へと拡大し、4作目となる最高傑作"THEY CAME FROM THE SHADOWS"から、ついにFat Wreck Chords所属となり、2012年には引き続きFat Wreckからのリリースで、通算5作目となる"FREAK OUT"をリリース!! NOFXのツアーに帯同し、WARPED TOURで世界中をツアーしまくる中、2015年最新作の"TALES FROM WYOMING"を突如USの大手レーベル"RISE RECORDS"からリリース。
全てが順調に見えたツアー後に、オリジナルメンバーであり、Vo.RAYの双子の兄弟でもあるスーパーエイトビートドラマーBRANDONが、自宅で意識不明で発見され、懸命の処置も届かず37歳という若さで急逝。
メンバーのショックは想像を絶し、特に双子の兄弟でもあるRAYのショックは計り知れない中、RAYはBRANDONへの想いをソロ名義のアコースティック作品としてリリース。メンバーも全面参加し、彼を弔った。その後バンドの存続も危ぶまれたが、2016年、新ドラマ―Chewka Darrenを迎え、完全復活!! 現在もツアーに明け暮れている。
今回のJAPAN TOURは、彼らにとっても待望の来日ツアーとなる!!

前回の2008年の初来日時には、THE VANDALS、VOODOO GLOW SKULLS等とともにPunk Rock Confidential Japan主催の”SHIBUYA CRASH 09”というフェスとSET YOU FREEによる高円寺HIGH公演、EXTRA SHOWの初台WALL公演という首都圏の3本のみの公演であった。今回、彼らにとって初のJAPAN TOURとなり、前回も初来日公演を取り仕切った"SET YOU FREE"が "20th Anniversary Tour"としてツアーを敢行する。更に、日本を代表するエイトビート&スリーコードパンクバンドで、札幌の"THE KNOCKERS"と広島の"SO-CHO PISTONS"の全公演の帯同が決定!!

メンバーは2017年2月に一時離れていたFAT WRECK CHORDSにカムバックを表明、正式にアナウンスされた!!
ここ日本でも2017年2月から日本全国で順次上映されているFAT WRECK CHORDS初のドキュメンタリー映画"A FAT WRECK"にも出演している彼ら。今回のJAPAN TOURはFAT WRECK CHORDS所属バンドとしてのツアーとなる!!!
ANOTHER WAY -CD-
2003年にONE LEGGED PUP RECORDSからリリースされた記念すべき1STアルバム。 まだ3ピース編成。荒削りで男気系のRAMONE PUNKが満載の快作。 後の人気を経てアナログ盤は4回(カラーヴィニール盤として各4色で再発)プレスされた。 2011年にRED SCAREからシングル曲等を追加しCD化された。
TOTAL -CD-
2005年にRED SCAREからリリースされた傑作2NDアルバム。 このアルバムから伝説のPOP PUNKバンドthe LillingtonsのVo,Kodyが加入し劇的にサウンドクオリティがアップ!! RADIO,STUPID GAME,SO COOL,BLOODBATH AT BURGERKING等名曲がズラリ。世界的にPOP PUNKが低迷 していた時期に往年のPOP PUNKファンにPOP PUNK IS BACKと言わしめた傑作。
WARNING DEVICE -CD-
2008年前作と同じくRED SCAREからリリースされた3rdアルバム。今作からRay&Brandon兄弟の大学の同級生だった 現べーシストであるMiguelが加入し、前作を凌ぐ名曲ずらりと収録され、ファンの間でも人気の高いアルバム。 ハードコアナンバー"Bottlerocket"から幕を開ける傑作アルバム。
SHADOW -CD-
2009年、遂にFAT WRECK CHORDS所属第一弾アルバムにしてTBR史上最高傑作と名高い名作。 彼らの当時の勢いが垣間見える名曲がズラリと並ぶ。この時期辺りから世界中にファンを拡大、NOFXとの ツアーで更なる境地へと進むきっかけとなった最重要作。
FREAK OUT -CD-
2012年前作同様FAT WRECK CHODSからのリリース第二弾アルバム。ジャケの色も遂にショッキングピンクを採用!! 彼らのアウトサイドな一面でもあるダークサイドな曲が多く収録されており、TBR結成前夜のバンドSACKの名曲、 HEADBANGERが再録されるなど、オールドファンから現行のPOP PUNKS~MELODICファンにも十二分にアピール できる快作となっている。バンド内の状態が良好であることすら伺える最上級の快作。
TALES FROM WYOMING -CD/CA-
2015年、FAT WRECK CHORDSから突如移籍しUSの大手インディーレーベル”RISE RECORDS”からリリースされた 6thアルバム。DESCENDENTS/ALLのBillのスタジオ"Blasting Room"でレコーディングされた今作は、FATからの離脱と サウンドアプローチの変化もあり、ネクストステージを感じさせる内容で良い意味でファンを驚かせた。 所謂、RAMONE PUNKと呼ばれるジャンルの脱却を感じさせる曲やサウンドはTBRの新たな展開を感じさせるには十分 過ぎる素晴らしい内容。

THE KNOCKERS

THE KNOCKERS/MINOR SEVEN PV

早朝ピストンズ SOCHO-PISTONS

SO-CHO PISTONS/ONE NITE